事業紹介

東塾がこだわる3つの自立支援(リハビリテーションの本質)

1. 事業所の自立支援 持続可能な事業経営ができる
想いを持って、開業した、デイサービスの経営者の方とたくさんお会いしてきました。これからの時代、高齢化が進む中で、デイサービスの存在が非常に重要になってきています。私たちは想いを持った、デイを応援していきたいと考えております。だからこそ、自立した新規の顧客の流れを作り、加算を取ることで客単価をあげていくこと、そして職員さんがしっかりと、アセスメントをできるように、していく支援をしていきます。

2. 利用者の自立支援 自分のことが自分でできる
利用者のことを想い、職員の方が必要以上の介助をしてしまうケースがかなりあります。ポイントは、利用者が自分で、できないことを、できるようになってもらうことにあります。色々とやりすぎてしまうと、家で自分で何もできなくなる傾向があります。そうなってしまうと、家族の負担が増えてしまうのです。やってもらうのが当たり前にするのではなく、本質的なサポートができるようになっていただきます。

3. 職員の自立支援  意図のある介護を実践できる
職員の方が利用者さんのADLをアセスメントできるようになることで、利用者が何ができていて、何ができないのか、判断をすることができるようになります。また、できないことは、できるようになる可能性があるのかどうかを、見極めることができるようになるため、効果の高いリハビリを考え、本質的にアプローチができるようになります。これにより、自分が関わった内容の成果を見ることもできるようになるため、意図のある介護が実践できるようになります。

基本サービス内容

・機能訓練を算定するためのサポート(目安価格:機能訓練加算の最大6割)
・機能訓練に関する書類作成サポート(月:1万6千円)

【 オプションメニュー 】
・新規の集客(ニュースレター作成代行など)(月1.6万円から)
・職員の体のメンテナンス(月4.8万円)

PAGE TOP